レビュー

【ブックレビュー】伝わらないから伝えたい!言葉について考えよう

ブックレビューつながるための言葉アイキャッチ

こんにちは!
Twitterにしろ、ブログにしろ、言葉って難しいなぁと思います。

つながるための言葉

2022年1月に発売された本です。

著者は電通にコピーライター・クリエイティブディレクターの勝浦雅彦(かつうらまさひこ)さんです。

概要

なかなか自分の思いが伝わらない、そう思ったことはありませんか?

相手は、友人や恋人、旦那さん、奥さん、母親、父親、子ども…様々だと思います。

人は常に誰かにわかってもらおうとしている存在だと、本書でも書いてあります。

私たちは誰かにわかってもらいたいのですが、なかなか分かり合えないのです。

では、伝えるために何をすれば良いのでしょうか?

本書では、

・自分を知ること

・言葉を知ること

・シーン別の言葉について

が解説されています。

自分のことを知り、言葉を知れば、相手に伝わり、つながることができるようになる。

本書を読むことでそんなヒントが得られると思います。

印象に残ったポイント

前回のブックレビュー記事でも心理学の話がでましたが、今回もありました。

それは「ジョハリの窓」というものです。

ジョハリの窓には、4つの自分というものがあります。

本書に書いてあった説明をそのまま引用しますね。

4つの自分とは、「自分も他者も知っている自分(開放)」「自分は知っているが、他者は知らない自分(秘密)」「自分は知らないが、他者は知っている自分(盲点)」「自分も他者も知らない自分(未知)」のことです。

こうして自分のことをしることが、相手に伝える第一歩というわけですね。

もうひとつ、印象に残った言葉があります。

本書の中で、IZAKAYAようこのママ、ようこさんの言葉が紹介されていました。

他人は変わらない。変えられるのは自分だけ。あとは、ケセラセラ」

まさにそうなのです。私も社会人になってから、同じようなことを上司に言われたことがあります。

自分を変える方が、他人を変えるより、よっぽど楽です。

自分を変えるにはどうしたらいいか?これは行動あるのみだと思っています。

こんな人におすすめ!

・なんだか自分の言っていることが相手に伝わらないと感じている

・ビジネスや恋愛で使う言葉に迷う

・言葉について学びたい!

何かヒントや学びが得られたら幸いです(^O^)/

2022年7月30日現在、Kindle Unlimitedで無料で読めます!

自分を知るヒントにもなりました!
「愛」について語られているのも、良いポイントだと感じました(*^^*)

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。